新たな定番?モバイルバッテリー「cheero Power Plus 4」レビュー!

スポンサーリンク


お久しぶりです。いろいろ書きたい記事はあったんですが忙しくて放置しちゃってました(;’∀’)
今回は手始めに最近発売されたcheeroの新型モバイルバッテリー「cheero Power Plus 4」を購入したのでレビューしていきたいと思います。

cheero Power Plus 3との比較

まずは先代モデル「cheero Power Plus 3」と「cheero Power Plus 4」との比較をしたいと思います。


Power Plus 3


Power Plus4

容量 13,400mAh 13,400mAh
入力 5V / 2A MicroUSB USB Type-C (PD) : DC 5V/2.4A, 9V/2A, 12V/1.5A
出力 5V / 3.4A (合計) USB×2ポート (Auto-IC機能付き) USB Type-A : DC 5V/2.4A max. (Auto-IC機能搭載)
USB Type-C (PD) : DC 5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A
(2 Ports total 18W)
寸法 約 92 × 80 × 23 mm 約 92 × 80 × 23 mm
重さ 約 245g 約250g
満充電時間 約 8 時間(2A USBアダプター使用時) 約4.5時間 (USB Type-C PD 18W対応のUSBアダプタ[別売り]使用時)
その他  USB Type-C PD 18W 対応

容量自体は変わらず、13,400mAhとなってます。一番大きな変更点は端子回りでしょう。USB Type-A の出力端子が1つになり、入力と出力同時にこなせるUSB Type-C端子が1つ付きました。MicroUSBは廃止ですね。個人的にはそろそろUSB Type-Cにコードを統一したかったのでこれはすごくうれしい変更ですね。重さもほとんど変わらないので、端子が多い分先代モデルのほうがいいという方もいるかもしれませんね。

最新急速充電規格 Power Delivery 3.0 対応

cheero Power Plus 4」で新しく搭載された機能としてPower Delivery 3.0に対応したことがあります。対応したUSBアダプタで充電すると本体を4.5時間でフル充電することができます。これはすごいですね!「Power Plus 3」の約半分の時間で充電ができます。まあ、対応アダプタまだ持ってないんですけど(-_-;)
cheero公式のPower Delivery 3.0対応アダプタは↓こちらからどうぞ

感想、まとめ

やはり、USB Type-Cで端子回りを統一できるようになるのが今回僕には最も魅力的でした。
使い勝手やデザインはcheero Power Plus 3でも文句なしのレベルでいいので今回も特に言うことはありません!
これから外出する際にもっていくならこの「cheero Power Plus 4」かなと思います!
モバイルバッテリーで迷っている方がいらしたらこれを買っておけば間違いないと思います。
現在は黒色のみのラインナップとなっていますが、どうしても白色がいいという方はおそらくそのうち追加されると思いますので、少し待ってみてはいかがでしょうか。
ちょっと古い記事になりますが、もっと大容量のモバイルバッテリーの比較した記事を書いていますのでよろしければ参考にしてみてください↓
モバイルバッテリー2大メーカー「cheero(チーロ)」「Anker(アンカー)」比較してみた!

ではではーーノノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク