AKRACING?DXRACER?それとも… ゲーミングチェア比較してみた

スポンサーリンク

最近使っていた椅子がクッション性も悪く音が鳴るようになってきたので新しい椅子がほしいなーとずっと思ってました。
そこで気になったのがゲーミングチェア!見た目もかっこいいしコスパもいいとのことでどれがいいのか探していました。
しかし会社ごとにもグレードがいっぱいあったりアマゾンでも様々なところからゲーミングチェアを銘打った椅子が販売されています。
そこで自分のメモを兼ねてゲーミングチェアの比較記事を作っていきたいと思います。

ファブリック?レザー?

まず基準となるのが生地の材質ではないかと思います。好みにも大きく左右されるかと思いますが、僕の場合はレザーにすることにしました。
長く使うものなので一度試してみようと電気街に実物を見に行ったのですが、ファブリック素材のチェアは毛玉が目立ってしまっていました。また、個人的にはレザー使用の座り心地が好きでしたのでレザーに絞って今回は比較していきたいと思います。
ちなみにアマゾンでゲーミングチェアと検索するとトップに出てくる「DXRACER ゲーミングチェア DXR-BKN」はDXRACERの中でもエントリークラスでファブリック素材なので今回はパス。
比較表の前に試座に行った感想を書きたいと思います。

試座しに行った結果

電気街に行けばいろいろ座れると思っていたのですが、意外にも置いている店が少なく、実際に座れたのはAKRACINGのNITROとPROだけでした。
やはりPROは高いだけあってなかなかの座り心地でした。NITROもパッと座った感じではPROに負けないくらいの感触でしたが、包み込まれ感はPROのほうが上でした。

どのゲーミングチェアがいいのか

それではレザー仕様に絞っていよいよ比較していきたいと思います。
今回重要視したのは座面の幅と奥行き、そして背もたれの高さです。自分は身長が大体180センチあって、椅子に座った時座高が90センチ弱だったので背もたれの高さは少なくとも90センチはほしいといったところです。フットレストがついているものもあり、魅力的でしたが、今回最優先するのは背もたれの高さということで。

名称 AKRACING NITRO
AKRACING PRO
DXRACER レーシングシリーズ
DXRACER キングシリーズ
YAMAZEN オフィスチェア
FUNCER PVC&PUレザー
E-WIN FL
サンワダイレクト
幅×奥行×高さ 54×56×92 55×55×95 約55×45×86 約61×49×85 46×50×82 56×58×91 55×58×87 53×50×82
その他特徴 フットレスト付き フットレストつき
Amazon価格(記事作成時) \42800 \52800 \45800 \59800 \24990 \29800 \28000 \29800

ざっと表にしてみました。DXRACERは寸法図が非常に見づらかったので間違ってるかもしれません(;´・ω・)
個人的にはDXRACERを買うならAKRACINGって感じですかね。DXRACERに座ったことがないので何とも言えないですが、是非一度座ってみたいです。
予算が余っているのなら今回のおすすめは間違いなくAKRACING PRO なんですが、少し高い。。
そこで今回まとめてみて一番いいなと思ったのは「FUNCER ゲーミングチェア PVC&PUレザー」です!

価格も2万円台で座面が広く、背もたれが高い。特に言うことはないです。
試座できないのが痛いですが…
一説(Amazonレビュー)によるとゲーミングチェアはほとんど中国産で製造工程は変わらない(ほんとかな?)らしいのでそれを信じて人柱になってみようかなと思います!(笑)
購入はもう少し先になりそうですが到着したらレビューしてみたいと思います。

背もたれが低くてもいい人にとってはフットレストがあったほうがいいなど人によってこだわるポイントが違うと思いますが、自分の場合はこんな感じかなと思います。
皆さんもいい椅子で快適なデスク周りを作ってみてはいかがでしょう?
それではーノノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク