初めての無線トラックボールLOGICOOL「M570t」使ってみた感想!

トラックボールLOGICOOL「M570t」

初めてのトラックボール!LOGICOOL「M570t」

僕はゲームをよくするので有線のゲーミングマウスを使っています。今回ご紹介するトラックボールに限らず、無線マウスがあまり好きではありませんでした。
しかし最近PCでの作業をすることが多くて、手首がつかれるなあと思って見つけたのがトラックボールマウス。以前から気になっていたのですが、なかなか手を出せずにいました。
さすがに毎日の作業は疲れるので思い切って買ってみました。LOGICOOLの「M570t」です。使用感などレビューしていきたいと思います。

使う場所を選ばない無線タイプ

実は最初、USBポートを使わずに済むBluetoothタイプのトラックボールマウスを探していたのですが、残念ながら現在はないようです。
そこで無線タイプのLOGICOOL「M570t」を選びました。トラックボール好きには一番人気のマウスですね(笑)
USBレシーバーになっているタイプですが、LOGICOOLの無線形式Unifyingに対応しているので一応LOGICOOL製品であればUSB一つで追加で無線デバイスを使うことができるようです。
レシーバーはすごくコンパクトでUSBポートにさしてもあまり目立ちません。

LOGICOOLの「M570t」レシーバー

比較用に1円玉を置いてみました。一度やってみたかったんですよね(笑)

マウス本体の機能性も十分

さてマウス本体ですが、進む/戻るボタンがついておりLOGICOOLの公式ソフトでボタン配置を変えることもできてとても便利です。
僕はコピーや貼り付けをよくするのでこの二つをボタンに割り当てています。

また、今回はトラックボールを親指で操作するように設計されています。しかしほかのトラックボール製品を見てみると人差し指や中指で操作するタイプのものもありました。
知り合いがこのタイプを持っていて使わせていただいたのですが、スクロールがない分普段使いには合わないような感じでした。
↓こんなやつ↓

その点LOGICOOLの「M570t」は基本的なマウスの構造をしているので操作していて不便に思うことはほとんどありませんでした。本当にマウスの移動だけをトラックボールに置き換える形になるので違和感なく使うことができます。

まとめ

初めてのトラックボールマウスLOGICOOL「M570t」の紹介でした。思っていたよりもとても使いやすく、今では外でPC作業をする際に使うマウスとして定着しました。
何よりも手元だけで操作することができるのが最大のメリットだと感じました。慣れるのに少し時間がかかりましたが、すごくお勧めです!
皆さんもぜひ使ってみてください!
ではではーノ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク