SonyよりAndroidが搭載された投影型のデバイス「Xperia Touch」が発表! 発売日、価格などまとめ

「Xperia Touch」

「 Xperia Touch 」の概要、スペック

まず「Xperia Touch」のスペック一覧です。

端末名 Xperia Touch G1109
OS 7.0
重さ 約923g
電源 USB-C端子
WiFi
Bluetooth
NFC
マイク
HDMI入力
対人近接センサ

「Xperia Touch」はAndroid7.0が搭載され壁に映像を投影して、この映像をタッチして操作することができます。
単体でGooglePlayよりアプリをインストールして使用することができるみたいです。
プロモーションビデオが公開されていますが、とても面白そうですね!
これまでになかったようなデバイスでいろいろと期待が膨らみます。

また、タッチ操作については以下のようになっています。

なお、タッチで使えるのはXperia Touchを壁にピッタリつけて設置するか、床やテーブルなど置いた平面に投影した場合(23インチ相当)のみ。

もっと大きく投影する場合は最大80インチまでいけますが、その場合は投影面タッチはできず、単なるスクリーンになります。明るさは100ルーメン。

通常のプロジェクターとしても使えるようですね。
僕はVRやARがすごく好きなのですが、少し違うかもしれませんが「Xperia Touch」を機にSonyからもARやMRデバイスが出ていてほしいですね。

「Xperia Touch」の価格、発売日

「Xperia Touch」の価格と発売日を見ていきたいと思います。

端末名 Xperia Touch G110
発売日 6月24日
価格 オープン 実売予想 税別 15万円前後

このようになっています。
価格はさすがになかなか手軽に買える値段ではないですね。

まとめ

これまでにはなかったタイプのデバイス「Xperia Touch」。気になりますね!
ただ、プロジェクターとして売れるといいですが、物珍しさの一発屋で終わってしまう気がします(;´・ω・)。
僕も面白そうだとは思いますが、たぶん様子見ですね。
また情報が出次第更新したいと思います。

引用元:http://japanese.engadget.com/2017/04/20/xperia-touch-15-6-24/#/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク