最強無線ゲーミングキーボード ロジクール「G913TKL」買ってみました!REALFORCEと比較しながら【レビュー】

ゲーミング

スポンサーリンク

 PCデスク無線化計画

前回のマウスに引き続いて、机に伸びているコードといえばキーボードですよね。
実はこれも密かに無線化できないかなと思っていました。

しかし現在使っているのはREALFORCE。。これに勝てるキーボードがあるのか?
実はREALFORCEからも無線Verが出ています。ただ、評判はいまいちな模様(?)

そこで色々動画やレビューをみて現状無線キーボードで最強だろうと感じたロジクールの「G913 TKL」を購入してみました。こちらは有線、無線、Bluetooth全てに対応できるので最悪サブキーボードとしても使えます。

今回は現在使っているREALFORCEと比較しながらレビューしていきたいと思います。

 開封〜外観チェック

外観からの付属品一覧です。テンキーレスなのでやはりコンパクトさはありますね。

電源ボタンはスイッチ式、充電はMicroUSBになります。

現在愛用している「REALFORCE RGB」と並べてみました。デザインはどちらも好みではありますが、今回のG913はアルミっぽくてスタイリッシュではありますね。
デザインに関してもう一点気に入っているのが、かな表記がないことです。
かな入力する人はなかなかいらっしゃらないと思うので、こちらのほうがスッキリしていていいですよね。

G913TKLには「リニア(赤軸)」「タクタイル(茶軸)」「クリッキー(青軸)」のラインナップがあります。私が購入したのはタクタイルになります。
一時期青軸のキーボードも憧れで使っていたことがあるのですが、あれは感触だけで実用的かと言われると疑問ですね。とにかく音がうるさいので…
今回購入するにあたって、店頭で一通り触ってみましたが、クリッキーはやはりちょっとなあ…個人的には感じました。なのでリニア、タクタイルの2択だったのですが、特に決め手があったわけではなく感覚と、あと茶軸をじっくり使ったことがなかったという理由でタクタイルにしました。

 操作性・ソフト面

G913も例にもれずゲーミングキーボードとなりますので、光ります。
ただ、ギラギラ光るのは嫌いなのでソフトで調整することになります。

一応左上のライティングボタンで消灯にすることはできます。
他ライティングなどの調整は前回のマウス同様GHUBというソフトで行います。

 

上記はライティングをすべてオフにした状態ですが、バッテリー残量はなんと1,000時間越え!
実際購入してからバッテリーが切れそうだから充電しないとという状況には一度もなってません。


キー割り当てやマクロを組んだりできますが、あまり私は使いませんね。

 キータイピング音

ASMRという言葉が流行る前から音フェチの管理人ですが、これはタイピング音比較しておかないとと思い、録音してみました。軽いノイズ除去のみで特に音源はいじってないので雑音等あったら申し訳ないです。

・「REALFORCE RGB」

・「G913TKL」

リアルフォースはRGBなので少し他と違う音になっているかもしれませんね。
やはりゲーミングキーボードなだけあってカチャカチャ感はG913のほうがありますね。
実際打ってみると両方気持ちいいですよ。

 まとめ

 良かった点

・数少ない低遅延、ロープロファイル、ワイヤレスのキーボード
・打鍵感もかなりいい
・長持ちバッテリー
・スリープ復帰が速い
・無線・Bluettoothの切り替えもスムーズ

 悪かった点

・特になし!!(強いて挙げるなら価格と、MicroUSBなところ。ただ、バッテリーはほぼ気にしなくていいくらい持つので気になりません。)

価格なりにかなり完成度の高いキーボードに仕上がっていると思います。
しかし、私は現在もメインはリアルフォースを使用中です(;’∀’)
実際キーボードってマウスに比べてそこまで動かすことがないのでワイヤレスのメリットを活かしきるのが多少難しいです。
ただ、サブキーボードとしてはかなり活躍中です。少し離れたところや、iPadへの文字入力など万能に使えています。

私がもしリアルフォースを使っていなかったらこの子をメインにしていたかもしれないです。
それくらい使い勝手はいいので、新しくキーボードを探している方にはとてもおすすめです。
サブにしておくにはもったいないお値段はしますので(-_-;)


コメント

タイトルとURLをコピーしました