Amazon激安中華ロボット掃除機「Lefant M210」買ってみました Alexa対応【レビュー】

レビュー

スポンサーリンク

ロボット掃除機が欲しい…けど

ルンバ買うほどのお金はかけたくないなあ…と思っていました。
そこまでロボット掃除機を信用していなかったこともあって、1万円以下で中華メーカのよさげなのがあれば試しに買ってみようと思っていたところ、セール対象になっていた本商品「Lefant M210」を見つけ、買ってみました。

開封~設定

いざ開封です。箱はしっかりしていました。

同梱品はこんな感じ。
・ロボット掃除機本体
・充電ドッグ
・リモコン
・充電コード
・へパフィルター(交換用)
・掃除ブラシ(4本中2本は予備)

消耗品の予備がついているのは、国産メーカーよりも最近中華メーカーのほうが優しいですね。

本体は最近流行りのマットな感じでデザインはそこそこですね。

本体裏面です。なかなか立派なタイヤがついてますね。掃除ブラシを2つ前方にセットします。これはカチッと押し込むだけなので、耐久性はあまりなさそうです。あと安っぽいです。逆に交換しやすいというのはメリット?

受電ドッグはこの銀色の部分と、本体裏面の銀色の部分が接触することで充電されます。

 

ごみ捨ては本体上部のふたを開けると、ごみ捨て部分が取り外せるようになっています。
蓋は引っかかっているだけなのでごみ捨ては簡単です。

※SmartLifeとの連携

アプリ連携として、SmartLifeと連携ができます。

Smart Life - Smart Living

Smart Life – Smart Living
開発元:Volcano Technology Limited
無料
posted withアプリーチ

  

「デバイスを追加」→「小型家電」→「ロボット掃除機」から手順に従っていけば本製品を追加できます。
WiFiは2.5Ghz帯しか対応していないようなので注意してください。

※Alexaに追加して音声操作する場合の手順も一応記録しておきます。

まずはSmartLifeアプリ側で1つのシーンとして掃除の開始・終了を作っておきます。

   

SmartLifeの「シーンを作成」→「ワンクリック実行」→「タスクを追加」で掃除開始用と終了用のシーンを2つ作成します。
  
一応私はこのように設定しました。(画像は開始用)

その後、Alexaアプリからの設定に移ります。

   

「その他」→「定型アクション」+ボタン→と進んでいき、まずアクション名、実行条件を設定します。アクション名は何でもいいのでわかりやすい名前を付けます。
実行条件は今回は音声で操作したいので「掃除して」という条件を設定します。
最後のアクションを追加ですが、

 

「スマートホーム」→「シーンをコントロール」を選ぶと先ほど作成したシーンが表示されるので開始用・終了用の定型アクションを作成します。
以上で保存するとスマートスピーカーから掃除機の操作ができるようになります。

感想・まとめ

自室を一通り掃除してもらったところそこそこな量のホコリが取れていました。
掃除中は外出中でもアプリから掃除の様子がマッピングされて表示されるので、なかなか楽しいです。

取れたホコリの量からしても吸引力はそこそこあると思います。
本体サイズはそこまで大きくはないため私の使っている椅子の下はくぐり抜けてしっかりと掃除してくれてました。
最後によかった点と悪かった点を書いて終わろうと思います。

良かった点

・アプリや音声操作に対応している
・ごみ捨てが簡単

 

悪かった点

・掃除区域の設定ができない(高級機種ではないので仕方ないかもですが、部屋から出てほしくないときもどこまでもいってしまうので…)・音が大きい(音はかなり気になります。そのため基本は外出中や使わない部屋を掃除するときに使っています。)
・替えの部品が売ってない?(調査不足かもですが、公式にはのっていませんでした。)
・段差の乗り越えが苦手(そこまでプログラムが賢くないのか部屋から出たはいいものの、入ってこれなくなって動かなくなっていることもありました。)

悪い点のほうが目立ってしまいましたが、価格を考えるとそこまで悪くはないかなといった印象です。

最近では拭き掃除などにも対応したロボット掃除機が出ていますが、基本的な掃除機能のみであればこのような中華メーカーの製品でもそこそこ満足はできると思います。
そもそも、私からすると初めてのロボット掃除機だったので、買ってよかったとは思います。
コスパを求めるならあり、区域設定や拭き掃除など高機能を求める方には向いてないと思います。
それでは今回はこの辺で失礼します。
ではではーー

コメント

タイトルとURLをコピーしました